デリケートゾーンの黒ずみをレーザー治療の特徴まとめ

デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで直す方法は2種類

デリケートゾーン特にVIOラインで黒ずみを治す方法として2種類の方法があります。

基本的にこの方法は黒ずみの元となっているメラニンを除去する方法です。高出力のレーザーを使った治療方法というのは今の日本では医療行為になるので病院でしか成立ができません。また、この方法は保険の適用外になってしまうので全額自己負担になるので注意が必要です。

局部の黒ずみを治療するためのレーザーは大きく分けて2種類あります。一般的に広く使われているのはQスイッチYAGです。もう一つの方法としてインティマという方法があります。それぞれの違いを見てみましょう。

まずQスイッチYAGでは黒ずみを除去する期間は1月半から3ヶ月程度と言われています、もう一方の方法では即日から3ヶ月と比較的早くなっています。一般的な施術回数もQスイッチYAGでは5回から10回程度の施術が必要ですが、インティマの場合は1回から3回程度の施術で済んでしまうので時間的に余裕のない人はインティマの方がお勧めです。

デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで直す方法 費用の違いは?

デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで直す場合は2種類の方法があります。

一般的にQスイッチYAGよりもインティマの方が授業にかかる回数や期間も短いです。しかし費用面で比較してみるとQスイッチYAGは1回の費用で1万円から2万円程度と言われています。いっぽうのインティマは1回あたりの治療金額が10万円程度ともうひとつの治療方法で比較しても高額になってしまいます。

両方の施術方法を比較した場合にインティマの方が期間を短くすることができるのでそれだけお肌に負担をかけずに素早く除去することができます。自分の肌にそれほど負担をかけたくない人や短期間でを除去したい人にオススメなのがインティマレーザーです。

病院によっても費用に差があります。早く治療したい場合はインティマを使うかゆっくり治療したい場合はQスイッチYAGを使っているかで大きく変わります。

医療機関も商売ですからなるべく他の病院よりも安くお客様に提供することで利益をあげようと考えています。そこで比較的にねらい目なのが春やイベントの後にやっておくのがおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで直す前に知っておきたい基本的な対策

デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで直す方法は比較的早く除去することができることですが普段の生活の中でも、発生させないように気をつけたいものです。

基本的にデリケートゾーンの黒ずみは下着とお洋服の摩擦によってできてしまうのでなるべく摩擦を与えないように自分の体系にあった洋服や下着を選ぶようにしましょう。

無理な脱毛やお風呂上がりのお手入れはしっかりと注意するようにしましょう。特にムダ毛の処理は皮膚に大きな刺激を与える原因なので、できれば専用の脱毛ワックスを使うようにしましょう。

お風呂上がりの皮膚は非常に乾燥しやすいためなるべく保水を心がけるようにしておくことで乾燥などのトラブルを防ぐことができます。